かいとうゆうき オフィシャルブログ

金管楽器の演奏において何かしらの手助けになればと思います
自分で気づいた事、奏法のことなど発信していきます。
不調でお困りの方
もっと上達したい、上手くなりたいという向上心はあるけどどうしていいか解らないという方へ

東京芸術大学吹奏楽指導者講習会で出会った中村純子先生


どうも!かいとうゆうきです。実は一月に吹奏楽指導者講習会というのが東京藝術大学の方で7日、8日の二日間に分けて開催されました。
自分ももちろん参加してきました。


そこで理学療法士の中村純子先生の講義が開催されました。
姿勢や呼吸の使い方、筋肉など面白い講義の内容だらけだったのですが
一度だけでは全て理解しきれず、(来年また開催される様なので行きたいと思います。)
その中でも今回は中村先生の体操口の周りの筋肉のことについてお伝えしたいと思います。





楽器を吹く前に準備体操をしよう!



みんなでステップアップ吹奏楽教本 中村純子先生の準備体操


(詳しくは上の動画を見て頂きたいのですが、)


これらの体操を楽器を吹く前に行うことで
体をリラックスさせた状態で演奏出来るようなんです。


実際に自分も何度か試してみましたが、
以前よりも楽な状態で吹くことができました。


この体操を行う上で
まず大事な姿勢のポイントが4つあります
足は肩幅くらいに広げる。
足の間に握り拳ひとつ分少し余裕があるくらいの間隔で
立つ。(ちょうど腰幅くらいになる)

ひざを軽く曲げ伸ばしする。
膝が伸びきる手前ですっと伸ばして立つ。



これがこの体操の基本姿勢です。
(これを行うだけでも体がリラックスします)



口の周りの筋肉の話

中村先生がおっしゃっていたのですが、


口の周りの筋肉は他の筋肉よりも繊細なんだそうです。
同じではないんですね。また楽器を吹く上で必要な筋肉は普段喋ったり、ご飯食べたり
そういったことでちゃんと鍛えられてるんだそうです。
また口の周りの筋肉をつければつけるほど
音は堅くなるそうなんです。音も出にくくなる。
だから口の周りの筋肉をつけるのではなく
筋肉を柔らかくして使うこと」
「体全体を使って楽器を演奏すること」
を薦めていらっしゃいました」


ただここで少し疑問が残りました。そうはいっても筋肉をつけなさい。という方がいたり、 BrioBrio 〜金管楽器を吹くための音の出ない練習器具〜P.E.T.E

など器具まであるわけでどういう事なんだろうと。



これは自分の個人的な考えで、確証はありませんが、
これは求めているスタイル、音質、音色、音量、奏法、個人の筋肉のつき具合、音域によって変わってくるんではないか、または「筋肉をつける」=「筋肉を柔軟に使え」と言う意味もあるのではと考えています。


たしかにただ音を出すだけであれば、口の周りの筋肉を柔らかく柔軟につかえば
それだけ唇が振動しやすく音が出しやすくなります。
ですが
「音が堅い」と言う事は言い換えると「クリアな輝いている音」と言い換える事も
できるのではないでしょうか?このことから音が柔らかい、音が出しやすい=柔軟生があるというだけではなく音色、音質などをコントロールしようと思ったときに多少ですが
筋肉の質をコントロールすることが必要になる
ともいえることができそうです
また息をあまり使わない奏法があったり、音域や音量によっても
口の周りを支える筋肉は必要になるんじゃないかと思います。
これらのことからも
音が柔らかい、音が出しやすいと言う事が柔軟生があるというだけではなく「どんな状況でも吹ける」と言う事も
柔軟生が高いといえると考えています。



筋肉が落ちたのではなく逆に筋肉がついているという可能性


(これも確証はありません。あくまで想像です)

楽器を1日2日吹かなかった時、



あなたは音が出にくくなると感じるときがありませんか?


もしかしたら


筋肉が落ちているのではなく、


休みを入れたことで逆に筋肉がつき口の周りが堅くなり音が出にくいだけかもしれません。


ホルン奏者バリー・タックウェル氏は著書フレンチホルンの奏法にて
こんなことを書いていらっしゃいます。


「顔の筋肉が酷く緊張したあとには回復するのに48時間以上かかるものだ」




つまりバテたあとは回復するのに2日以上かかるってことなんです。



口の周りの筋肉を柔らかく使うことで


回復が早まるのでは?
そんなことも可能性として考えています。


これが本当かどうか一度実験してみたいですね。それではー


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。