かいとうゆうき オフィシャルブログ

金管楽器の演奏において何かしらの手助けになればと思います
自分で気づいた事、奏法のことなど発信していきます。
不調でお困りの方
もっと上達したい、上手くなりたいという向上心はあるけどどうしていいか解らないという方へ

自分はなんのために演奏するのか

音大を卒業してもう今年で4年目か
ホルンという楽器を選び、上野学園に入り、練習をずっとこれまでしてきた。


卒業すると演奏のお仕事が入ってくるなんて人はごく限られた人達のみ


自分のひとつ上の先輩は自衛隊音楽隊に卒業と同時に入隊してしまい
自分も入れるだろうかと大学4年生の時目指したが、受からず。



そんなこんなしているうちに4年が過ぎてしまった。
あれから四年もたったのかー


それで卒業してから演奏しないかというお誘いがないといえば違うわけで
大学内での発表会や音楽療法の施設での演奏のおさそいがあったりする。


もちろん演奏はしたい。したいよ。
でもこれで良いのかと考えてしまう。



だって本当に自分の演奏が求められているのかが疑問だから。ときたま思ってしまう。
それは優しさという名の嘘ではないのかと。どんなに自分を納得させても。


自分よりも上手な人がいる。お客さんを楽しませる事の出来る人がいる。
それを目の当たりにしたとき
確かに拍手は貰える。アンコールだって音楽療法の施設で何度も貰った。
。素直に嬉しかった。でもそれを続けていいんだろうか?
また来て下さい。と言われたけれども続けていいんだろうか?
自分より上手な人がいるのに?
他の人の方が楽しませられるのに?


もちろん今よりも向上していくために練習は欠かしていないし、
以前よりも上達していると思う。



でも聞きに来てくれる人が楽しんでくれる演奏が出来ているのか
もっといえばお金を払っても良いと思って貰える演奏が出来ているのか
そこにまだ自信が持てない




まだ大学内でしか活動が出来てないし、結局外に出て行ってないじゃん。



そう大学を卒業したとはいえ本当に卒業したレベルにいるのかさえ怪しい。
というか自分は音大生レベルなのかさえ
AO入試だったし誰も大学に入らなかったから、入れたようなもんだし



先生たち優しいから自分の演奏でもとりあえず卒業はさせてくれたんじゃないかと思ってる。




だから学外に出て行くのが恐い。どんなに練習しても自分が納得しない。というかどうしても、
これなら聞きに来てくれる人を楽しませる事が出来るという何かが。
何かが何かがないんだ。



自分のなかで聞きに来てくれた人が喜んでくれたかどうかは関係なく全力でやりつくす
そうすれば仮にそれが偽善だったとしても、これ以上はできないのだから仕方ないと
今まで自分を納得させてきた。


後、他の人から良かったよとか上手くなったねとかの評価とは関係なく今より向上を目指す。
こうすれば演奏の評価を気にする必要もなくなる。


この2つをなんとか掴んで今までやり過ごしてきた。




でもそれでホントにいいのだろうかと思ってしまう。



演奏の仕事をしたいと思っている以上そんなことでいいのだろうかと


自分は何のために演奏するのか。聞きに来てくれた人が喜んで貰うため
楽しんで貰うために演奏するんじゃないのか


全力でやったから精一杯やったからこれ以上できないなんて


それはただの甘えじゃないのか
できなかった時の痛みから逃げてるだけじゃないのか


演奏で食べていく。というのは確実に聞きに来てくれた人を楽しませる事が出来る
ということじゃないのか



それができないということはまだ自分は勉強不足なんだろう。
それがいつになったらそう思えるんだろうか。
そう思えるように努力すればいいのかな


わかんない何から始めればいいのか。でもとりあえず
練習はしようと思う。
ちょっとでも良くなりたいからさ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。