かいとうゆうき オフィシャルブログ

金管楽器の演奏において何かしらの手助けになればと思います
自分で気づいた事、奏法のことなど発信していきます。
不調でお困りの方
もっと上達したい、上手くなりたいという向上心はあるけどどうしていいか解らないという方へ

聞きに来てくれる人を楽しませるには1

今日は特別に2つ目の投稿。(調子が良いー)



まず楽しませる事が出来たかを評価するときお客さんの感性、音楽の好みによって評価は当然のごとく変わってくる




自分がこれは上手くいったと思っていても、お客さんの反応がいまいちだったり



お客さんがいいと思っていても、自分では良くないと思ってしまったり、



だからお客さんの反応を基準に考えるのはやめておこう



ジェレミー校長も言ってたけど、自分を評価するとき「相手が満足したかは評価にいれない」と言っていた。



その代わりそのためにやるべき事をやれたかを評価するといっていた



評価リストを作るといいとも



聞いている人を楽しませる為の評価リスト



曲を譜面通り吹ける
吹くべき曲の勉強ができたか
相手に伝わる演奏ができたか



とりあえずこんな感じかな。
よし!対策はできた
あとは行動あるのみ。


それではー

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。