かいとうゆうき オフィシャルブログ

金管楽器の演奏において何かしらの手助けになればと思います
自分で気づいた事、奏法のことなど発信していきます。
不調でお困りの方
もっと上達したい、上手くなりたいという向上心はあるけどどうしていいか解らないという方へ

何を失敗と捉えるか

こんにちは.

 かいとうゆうきです。自分はこれまでたくさんの失敗をしてきました。

楽器の練習のことだけじゃなく、それ以外にもいくつもの失敗をしてきました。




日常生活でのことだったり。人と会話するときだったり、バイトしてるときだったり


そりゃもういくつも




ただ今まで例え失敗したとしても誰かに注意されなければそれが失敗していることにも気づけなかったり、直そうという気になれていない自分がいました。それに気がついた
注意されていない良いと思っていました
もちろん良い時もあるんだと思います。たぶん




ただもっと良くしていこうという向上心がない。足りていなかった。
注意されてないんだからこれでいいんだってずっと思っていました。




自分で気がつかなきゃいけない。何を失敗と捉えるかはその人の向上心次第なんだと思う。
さらに良くなりたい、もっと良くしていきたい。その向上心があればあるほど
失敗するんじゃないんだろうか。わかんないけど。そこから何を学びとれるか。
それが大事。








だってもし誰かに注意されても変わらないのであればその人は失敗と感じてはいないだろうから。





それではまた


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。