かいとうゆうき オフィシャルブログ

金管楽器の演奏において何かしらの手助けになればと思います
自分で気づいた事、奏法のことなど発信していきます。
不調でお困りの方
もっと上達したい、上手くなりたいという向上心はあるけどどうしていいか解らないという方へ

高音を出すには1

高音をスラスラ吹くのに金管楽器を吹いていて一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?自分も高い音を軽々と吹けている人の演奏を聴くと羨ましいと思ってしまいます。

どうしたら高い音は出るのでしょうか?

まずはじめにどうゆう状態だと高音は出にくいでしょうか?

1口の中が広い

音が出ないというわけではありませんが、息の量が必要になるのでコントロールが難しいです。大変です。

2口が閉まっている、口の中が狭すぎ

高音を出そうとして口が閉まってしまい、息の流れが遮断される、あるいはアパチュアが潰れた状態になり音が出にくい。

3口を寄せすぎ

息の量を増やすことで出ますが口の中が広くなりやすく、口が開きやすい。高音は出しにくいです。

4息の量が多い (楽器に息を吹き込む)

息の量(スピード)で音は出ますが、アンブシュアの許容量を超えると口が開いてしまいます。音が出ません。基本的に高音は息の量は要りません。(楽器に)

5アパチュアの大きさ

大きければ大きいほど息の量が必要になりコントロールも難しいです。大きければそれだけ高音は出しにくいでしょう。。以上の事に当てはまると高音は出しにくいでしょう。

今回はここまで

質問疑問意見等ありましたらよろしくお願いいたします。レッスンはこちらまで<a href="mailto:kaichi_horn@ybb.ne.jp">kaichi_horn@ybb.ne.jp</a></u></span></p>

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。